カテゴリー別アーカイブ: B型肝炎訴訟

B型肝炎特措法施行から5年、被害者救済のいま

 

『特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法』
(いわゆるB型肝炎特措法)の施行から、今年の1月13日で5年がたちました。

感染被害の迅速かつ全体的な解決を図ることを目的(特措法1条)として制定された法律ですが、被害者救済の現状はどうでしょう。

国による集団予防接種等でB型肝炎ウイルスに感染してしまった被害者の数は
推定で43万人から45万人に上ると言われています。

一方、今年の1月末の時点で国との裁判を通じた和解で救済された人数は約2万6千人にとどまり、救済された被害者は全体の1割にも満たず、全体的な解決には程遠い状況です。

また、全国の提訴数に対して国の審査人員体制が貧弱な状況で和解審査が遅々として進まず、必要な書類をきちんと整えていても審査自体に1年以上の時間がかかることも珍しくなく、迅速な解決も実現していません。

国には法の趣旨を踏まえて現状を改め、和解手続きの周知に努め感染被害の全体的な解決を図るとともに、人的体制を強化し和解手続きを迅速化することを望みます。

法律事務所MIRAIOは、一人でも多くの被害者の方が適切な補償を受けられるよう
全力でサポートしています。

現在、症状が出ていない方であっても、救済対象となる場合もございますので
ぜひ一度ご相談ください。

弁護士 奥山

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
B型肝炎訴訟はこちら

B型肝炎訴訟 改正案成立

 

集団予防接種の注射器の使い回しによる
特定B型肝炎ウイルス感染者の救済を定めた
『特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法』
の一部を改正する法律案が5月13日に成立しました。

改正された内容は以下になります。

・給付金の請求期限が平成34年1月まで5年延長

・ウイルス感染が原因で死亡してから20年以上経過した人や
発症から20年以上経過した肝がん・肝硬変の患者も救済対象

・二次感染者であることの要件として、
一次感染者からの「母子感染であることの」の定義が拡大され、以下の方も救済対象
(ⅰ)一次感染者である父親からの父子感染により持続感染者となった方
(ⅱ)一次感染者である母親からの母子感染により持続感染者となった方から、
   さらに母子感染し持続感染者となった方

B型肝炎ウイルスに感染している方、もしくはご家族が感染されている方は
発症している、していないに関わらずぜひご相談ください。

B型肝炎訴訟の詳細はこちら

 

 

弁護士法人 法律事務所MIRAIO

B型肝炎訴訟 給付金請求期限5年延長へ

 

集団予防接種の注射器の使い回しによる
特定B型肝炎ウイルス感染者の救済を定めた特別措置法について

厚生労働省は給付金を請求できる期限を5年間延長し
平成34年1月までとする改正法案を2月上旬にも
国会に提出する方針とのことです。

まだ提訴していない人が多くいるとみられるため、
期限が延長されることになりました。

改正案では、ウイルス感染が原因で死亡してから20年以上経過した人や
発症から20年以上経過した肝がん・肝硬変の患者も救済対象とする項目が
盛り込まれる見込みです。
 

B型肝炎ウイルスに感染している方、もしくはご家族が感染されている方は
発症している、していないに関わらずぜひご相談ください。

 
弁護士法人法律事務所MIRAIO

B型肝炎訴訟|積み上げてきた実績と経験

医療訴訟は医学的知識が要求される専門分野であり,提携医等の存在が不可欠です。

私たち法律事務所MIRAIOは,提携医との協力体制のもとで,過去5000件以上の医療相談をいただくなど,医療訴訟の経験を積み重ねてまいりました。

そして,国の集団予防接種によってB型肝炎に感染してしまった方々に対して国が救済の道を開いたことで,その医療過誤訴訟での経験を活かして被害者の方の救済手続きのお手伝いをさせていただくことを決意いたしました。

今までの医療過誤訴訟の知識に加えて,B型肝炎訴訟についての知識についても十分に習得したうえで,B型肝炎訴訟についてのご相談を開始いたしました。

最初に提訴をしたのが平成24年8月に29件でした。そして,その後も研さんを重ねて,現在では提訴件数も3000件を超え,一事務所としては全国で一番の提訴実績を有するに至っています。

お客様により良いサービスを実現するため,日々向上に努めていったことが,このような実績につながっているものと確信しております。

今後も私たち法律事務所MIRAIOは被害者の皆様のために,一人でも多くの被害者の方を救済できるよう邁進してまいります。

弁護士 奥山
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
B型肝炎訴訟はこちら

B型肝炎訴訟|接種痕について

B型肝炎訴訟とは,国の集団予防接種によりB型肝炎ウイルスに感染した方が,国に対して被った損害の賠償を請求する訴訟です。

そこで,国による集団予防接種を受けたことを証明する資料が必要になってきます。

集団予防接種を受けた際に,予防接種を受けた日・自治体印などで予防接種の主体がわかる母子手帳は,集団予防接種を受けたことが証明できる一番の資料です。

しかし,母子手帳は,子供が小さいころに予防接種を受けたりする際には必要になりますが,子供が大きくなってしまえば使うこともなくなり紛失してしまっていることが多いのが現状です。

そこで,国は集団予防接種を受けた痕が腕に残っていれば,それを医療機関で確認してもらうことで,集団予防接種を受けた証拠とすることを認めています。

種痘やBCGなどは予防接種の痕が残りやすく一生消えないと言われていますので,そのあとを見てもらうわけです。
人によっては,腕ではなく,太ももや足の裏,お尻にあるようなこともあるようです。

最終的にはお医者様へ見てもらう必要がありますが,専用の書類を利用していれば,特に皮膚科などに限らず見てもらうことができます。

MIRAIOへご相談いただいたうえで,一度近所のお医者さんで見てもらうといいでしょう。

 

弁護士 奥山
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
B型肝炎訴訟はこちら

B型肝炎訴訟|親子・ごきょうだいでの提訴について

現在,法律事務所MIRAIOでは,たくさんのB型肝炎訴訟についてのご相談をいただき,すでに多数の方の和解が成立しております。

そして,和解された方から,今度はお子様や,ごきょうだいも提訴してほしいとご依頼を受けること多くなっています。

お子様やごきょうだいについては,
すでにご本人の提訴の際に収集した証拠の一部がそのまま使えるために,準備までの期間がかなり短縮できます。

そのため,かなりスピーディーに手続きの準備が進み,人によっては2か月も経たずに提訴できる方もいらっしゃいます。

また,ご本人様が和解するのを待たずに,同時に親子で提訴したり,ごきょうだいで提訴したりすることも可能でして,その場合でも,もちろん共通に使える証拠が多いのです。

そこで,もしご自身のほかにも感染されている方がいらっしゃる場合には,そろってご相談いただくことをお勧めいたします。

平成29年1月12日までに提訴する必要がありますので,ご相談はお早めにお願いいたします。

弁護士 奥山

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
B型肝炎訴訟の詳細はこちら

B型肝炎訴訟|手続きを知らせるということ

現在,B型肝炎訴訟の手続きをお手伝いさせていただいています。

2014年8月末日時点で,ご相談は13000件以上,裁判所への提訴件数は2437件にも上ります。

たくさんの方のお手伝いをさせていただいておりますが,皆さんから「こんな手続きがあることを知らなかった。知らないままの患者さんはたくさんいるはずです。ぜひもっと周りに知らせてほしい。」というご意見をよくいただきます。

この手続きは,集団予防接種等によりB型肝炎に感染した方々を救済する手続きなのですが,
B型肝炎ウイルスに感染している患者の皆様に国からお知らせのお手紙があるわけではありません。

ご相談いただいている患者の皆様は,当事務所のインターネットのホームページはもちろん,
電車広告,ラジオ放送などで手続きをお知りになった方が多くいらっしゃいます。

法律分野でこういった広告が解禁されたのは,2000年であって,意外にも最近の話です。

そもそも手続きを知らなければ,救済を受ける機会も得られないわけですから,
法律分野であっても広告というのは,権利救済の機会を得るために重要な役割をおっていると実感しています。

しかし,特定の事務所ができる広報活動には限界があります。

国は手続きを整備するにとどまらず,積極的に今回の手続きを国民全体へ知らせるよう力を尽くすべきといえるでしょう。

 

 

弁護士 奥山

よくわかるB型肝炎訴訟の資料請求はこちら

B型肝炎訴訟|感染後どのくらいの期間が経てば、、、

Q:感染後どのくらいの期間が経てば、
HBs抗原検査でウイルスに感染したことが分かりますか?

 
A:HBs抗原検査法の感度にもよりますが、
ヒトでの解析結果をもとにした外国からの報告によれば、
感染後約59日経てばHBs抗原検査でウイルスに感染したことが分かるとされています (Shreiber G B他、N. Engl. J. Med. 1996)。

 
我が国で過去に行われたチンパンジーによる感染実験の結果をみると、
107感染価の(ウイルス量が多い)血清を1mL接種した場合、
約1か月後にHBs抗原が検出できたのに対して、
同じ血清を1感染価相当になるまで稀釈した(ウイルス量がきわめて少ない)血清を1mLチンパンジーに接種した場合、HBs抗原が検出できるようになるまでに約3か月かかったと記録されています。
(志方、他 厚生省研究班 昭51年度報告書)

 
感染時に生体に侵入したウイルスの量や、
経過観察時に選択したHBs抗原検査法の感度などにより
HBs抗原が陽性となるまでの期間に多少の差はみられますが、
ごく最近になって、チンパンジーにごく微量のB型肝炎ウイルス(HBV)を
感染させた場合、増殖速度の遅いジェノタイプAの場合でも、
80〜100日で血中のHBs抗原が検出できるようになることが分かりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
よくわかるB型肝炎訴訟の資料請求はこちら

B型肝炎訴訟|B型肝炎ウイルス遺伝子検査(HBV DNA)

Q:感染後どのくらいの期間が経てば、B型肝炎ウイルス遺伝子検査でウイルスに感染していることが分かりますか?

A:ヒトでの解析結果をもとにした外国からの報告によれば、
感染後、約34日経てばB型肝炎ウイルス遺伝子(HBV DNA)検査で
ウイルスに感染したことが分かるとされています。
(Shreiber G B他、N. Engl. J. Med. 1996)

感染してからHBs抗原が検出されるまでの期間に差がみられることと同様に、
感染時に生体に侵入したHBV(B型肝炎ウイルス)量によって
B型肝炎ウイルス遺伝子(HBV DNA)が検出されるまでの期間が
異なることは容易に想定されます。

ごく最近になって、チンパンジーにごく微量のHBV(感染成立に必要な最小ウイルス量:HBV DNA量に換算した絶対量として10コピー相当のHBV)を感染させた場合、増殖速度の遅いジェノタイプAの場合でも、55~70日で血中のHBV DNAが検出できるようになる(102コピー/mLの濃度に達する)ことが分かりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
よくわかるB型肝炎訴訟の資料請求はこちら

B型肝炎訴訟|どのような人が検査を、、、

Q:どのような人がB型肝炎ウイルスの検査を受ければよいですか?

A:以下のような方々は
B型肝炎ウイルス(HBV)検査を受けておくことをお勧めします。

a.家族(特に母親、同胞)に
B型肝炎ウイルス持続感染者(HBVキャリア)がおられる方

b.新たに性的な関係を持つ相手ができた方

c.長期に血液透析を受けている方

d.妊婦

e.その他
(過去に健康診断等で肝機能検査の異常を指摘されているにもかかわらず、
その後肝炎の検査を実施していない方等)

B型肝炎ウイルス(HBV)検査は、
ほとんどの病院や診療所で受けることができます。

ただし、B型肝炎ウイルス(HBV)の検査を目的として
献血することは絶対に避けてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
よくわかるB型肝炎訴訟の資料請求はこちら