7月28日は肝炎デーです。

 

2010年に世界的レベルでのウイルス性肝炎のまん延防止と患者・感染者に対する差別、
偏見の解消や感染予防の推進を図ることを目的として
世界保健機関(WHO)は、7月28日を“World Hepatitis Day”(世界肝炎デー)と定め、
肝炎に関する啓発活動等の実施を提唱しました。

 

日本でも平成24年度から同日の7月28日を日本肝炎デーと定め、
肝炎の病態や知識、予防、治療に係る正しい理解が進むよう普及啓発を行うとともに、
受診勧奨を推進しています。

 

ウイルス性肝炎は国内最大級の感染症で、
中でもB型、C型肝炎ウイルスの感染者が多く300万人~370万人が
感染していると推計されており
日本人の約40人に1人が感染している可能性があると言われています。

 

感染源が集団予防接種の注射器使い回しによるものであれば
『特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法』により
国の救済対象となり給付金が支給されます。

 

現在症状がない状態でも一度救済対象者と認められれば
病状が進行した場合に病状により追加給付金を請求することができ、
毎年の検査費用も支払われますので、まずはご相談ください。

 
 

弁護士法人法律事務所MIRAIO

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

B型肝炎訴訟はこちら

コメントは受け付けていません。