B型肝炎訴訟|親子・ごきょうだいでの提訴について

現在,法律事務所MIRAIOでは,たくさんのB型肝炎訴訟についてのご相談をいただき,すでに多数の方の和解が成立しております。

そして,和解された方から,今度はお子様や,ごきょうだいも提訴してほしいとご依頼を受けること多くなっています。

お子様やごきょうだいについては,
すでにご本人の提訴の際に収集した証拠の一部がそのまま使えるために,準備までの期間がかなり短縮できます。

そのため,かなりスピーディーに手続きの準備が進み,人によっては2か月も経たずに提訴できる方もいらっしゃいます。

また,ご本人様が和解するのを待たずに,同時に親子で提訴したり,ごきょうだいで提訴したりすることも可能でして,その場合でも,もちろん共通に使える証拠が多いのです。

そこで,もしご自身のほかにも感染されている方がいらっしゃる場合には,そろってご相談いただくことをお勧めいたします。

平成29年1月12日までに提訴する必要がありますので,ご相談はお早めにお願いいたします。

弁護士 奥山

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
B型肝炎訴訟の詳細はこちら

コメントは受け付けていません。