B型肝炎訴訟|どのような人が検査を、、、

Q:どのような人がB型肝炎ウイルスの検査を受ければよいですか?

A:以下のような方々は
B型肝炎ウイルス(HBV)検査を受けておくことをお勧めします。

a.家族(特に母親、同胞)に
B型肝炎ウイルス持続感染者(HBVキャリア)がおられる方

b.新たに性的な関係を持つ相手ができた方

c.長期に血液透析を受けている方

d.妊婦

e.その他
(過去に健康診断等で肝機能検査の異常を指摘されているにもかかわらず、
その後肝炎の検査を実施していない方等)

B型肝炎ウイルス(HBV)検査は、
ほとんどの病院や診療所で受けることができます。

ただし、B型肝炎ウイルス(HBV)の検査を目的として
献血することは絶対に避けてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
よくわかるB型肝炎訴訟の資料請求はこちら

コメントは受け付けていません。