B型肝炎訴訟|B型肝炎ウイルス遺伝子検査(HBV DNA)

Q:感染後どのくらいの期間が経てば、B型肝炎ウイルス遺伝子検査でウイルスに感染していることが分かりますか?

A:ヒトでの解析結果をもとにした外国からの報告によれば、
感染後、約34日経てばB型肝炎ウイルス遺伝子(HBV DNA)検査で
ウイルスに感染したことが分かるとされています。
(Shreiber G B他、N. Engl. J. Med. 1996)

感染してからHBs抗原が検出されるまでの期間に差がみられることと同様に、
感染時に生体に侵入したHBV(B型肝炎ウイルス)量によって
B型肝炎ウイルス遺伝子(HBV DNA)が検出されるまでの期間が
異なることは容易に想定されます。

ごく最近になって、チンパンジーにごく微量のHBV(感染成立に必要な最小ウイルス量:HBV DNA量に換算した絶対量として10コピー相当のHBV)を感染させた場合、増殖速度の遅いジェノタイプAの場合でも、55~70日で血中のHBV DNAが検出できるようになる(102コピー/mLの濃度に達する)ことが分かりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
よくわかるB型肝炎訴訟の資料請求はこちら

コメントは受け付けていません。