みなし残業代

最近,過酷な労働条件などが世間で問題となっていますが,
今回は「みなし残業代」について考えてみたいと思います。

みなし残業代は,簡単に言うと,
「残業しようとしないとにかかわらず,月々決められた時間数だけ残業をしたものとみなし,予め給料に含めて支払う残業代」
というものです。

もちろん,これが支給されたからと言って,決められた時間数を超えた労働については,別途残業代を支払ってもらえます。

したがって,労働者からみれば,残業を実際にしなくても残業代を支払ってもらえる,という非常においしい話のように思えます。

ではなぜ会社がわざわざこのようなことをするのでしょうか?

それは,
㈰いま現在支給している給与の中から残業代を捻出したい
そして
㈪見せかけの月給与の総支給額を多くしたい
という2点にあります。

たとえば,月のお給料を25万円としていた会社が,そのお給料の内訳を20万円基本給+5万円(だいたい40時間分くらい)のみなし残業代とします。

すると,会社はこれまで別に支払っていた40時間分の残業代の支給をしなくて済みます。

それに,それを超えた残業についても,基本給が下がる結果,残業代の単価を抑えることもできます。

また,長時間の残業が常態化している企業であればあるほど,40時間のみなし残業を払っても損がない(つまり40時間未満の残業ということがない)ということになります。

このような会社では,人を募るためにあえて「月々の給料は25万円!」とあたかも好条件のような宣伝をすることがあります。

しかし,これに踊らされて,いざ入社してみたら,実際には残業が長いのに残業代は安い,という事態に陥る危険もあるでしょう。

このように労働者にとっておいしい話ばかりではない,みなし残業代の規定。

これから少し気にしてみてはいかがでしょうか。

弁護士 小川

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
労働問題はこちら

コメントは受け付けていません。