地域性について

法律は全国で平等に適用されています。

しかし,法律で明記していないことや,法律自体があいまいに記載していることなどは,地域によって運用が異なっています。

例えば,警察への問い合わせを行って事件のお話をする際にも,東京では照会に応じでもらえますが,東京以外では正式に弁護士会を通じて照会しないと応じてもらえません。

弁護士会を通じた照会には費用も掛かりますし,時間もかかります。

結果として,手続き的負担が居住場所によって異なる結果になってしまっているのです。

地域の特性に応じて柔軟な対応が可能になるという意味ではある程度の違いがあってもいい面もあるのかもしれませんが,どこに住んでいるかによって,法的救済の受けやすさに違いがあることは,やはり健全とはいえません。

こうした法律手続きの運用についても統一的に行われていくことが望ましいと思われます。
今後の統一の動きに注目していきたいところです。

 

 

コメントは受け付けていません。